HOME 無料一括見積り お問い合わせ お気に入り
企業向け経営者保険研究所 法人ファイナンシャルプランナーが解決します 0120-159-632 info@11bic.com
経営者保険 企業向け火災保険 福利厚生保険 PL保険 無料一括見積り
海上保険 個人情報漏洩保険

役職退職金は社長が考えなければ誰も考えません。
引退しなくても退職金はもらえます。
FPによる”生前役員退職金”の作り方
1. 退職金は税金がこんなに安い!
   
2. 退職金財源をどうやって貯めればいいの?
   
3. 役員退職金をもらう条件と損金算入可能金額は?
   
4. サラリーマンでもこんなにもらう退職金(直近データ)
   
5. 経営者保険比較表
FPによる”死亡退職金・弔慰金”の作り方
6. 死亡退職金・弔慰金の目安(役職別)
見積もり作成は無料です
お見積もりのご依頼はこちらから
(ご依頼が多いため、当社からのしつこい営業は一切できません。ご安心下さい。)
退職金は税金がこんなに安い!
配当・役員賞与
給与
退職金
退職金の優遇税制

退職金は、「退職所得」として役員報酬・役員賞与・配当所得など他の所得より税制が優遇されています。

  1 適正金額は全額損金
  2 退職所得控除がある
  3 さらに1/2課税
  4 他の所得とは分離課税
 
 
退職所得 = ( 退職慰労金 - 退職所得控除*1 ) × 1/2
*1退職所得控除:  勤続年数20年以下 → 40万円×勤続年数
  勤続年数20年超 → 70万円×勤続年数-600万円
上記より算出した「退職所得が」が他の所得とは分離課税
例: 勤続年数30年 退職金控除1,500万円 のケース
退職金 所得税(千円) 住民税(千円) 税合計 税率(%)
3,000万円
1,170
598
1,768.5
5.9
5,000万円
4,020
1,768.5
5,788.5
11.58
7,000万円
7,685
2,938.5
10,623.5
15.18
1億円
13,235
4,693.5
17,928.5
17.93
TOPへ
退職金財源をどうやって貯めればいいの?

生命保険   加入時より即死亡退職金・事業保険資金の
準備にもなる
損金算入可能(商品による)
資金負担を在職期間中で平準化できる
       
内部留保   用途が自由
逆に他の用途で使ってしまうおそれがある
法人税等がかかる
       
土地売却   タイミングよく売却できるか?
       
借り入れ   借りられるか?
返済計画は?
       
役員退職給与引当金   取扱廃止
       
特退共・中退共   加入できない
見積もり作成は無料です
お見積もりのご依頼はこちらから
(ご依頼が多いため、当社からのしつこい営業は一切できません。ご安心下さい。)
TOPへ
役員退職金をもらう条件と損金算入可能金額は?
退職金を受け取るための条件
 

常勤役員が非常勤になる(代表権を持っていてはだめ)
   
取締役が監査役になる
   
役員報酬を1/2以下にする
 
1と3、2と3の組み合わせで税務署は判定することが多いようです。
損金算入可能金額
適正な金額までは退職金は全額損金に算入できます。
適正な金額とは??
役員退職慰労金損金算入限度額 =
適正報酬月額(最終報酬額)*2 × 役員在年数 × 功績倍率*3 + 功労加算金*4
 
*2 適正報酬月額:同一地域・同一業種・同一規模の会社の役員報酬と批准
*3 功績倍率   :役員退職金規定で決めておく。1例として下記の通り。
会長 社長 専務 常務 取締役 監査役
3.0 3.0 2.5 2.3 2.0 2.0
*4 功労加算金 :役員退職慰労金の30%まで
TOPへ
死亡退職金・弔慰金の目安(役職別)
経営者は従業員と比べ公的保障が非常に薄いです。
遺族のための生活資金・相続対策・争続対策(財産分割対策)、会社の株式承継資金など様々な資金を自ら用意する必要があります。
 
目安としては「役員退職慰労金の損金算入限度額」がそのまま死亡退職金の損金算入限度額になります。しかし、死亡の場合は、別途「弔慰金」が認められますので、必ず別項目で支給することがポイントです。
死亡退職金
死亡退職金 =
適正報酬月額(最終報酬月額)*2 × 役員在任年数 × 功績倍率*3 + 功労加算金*4
*2 適正報酬月額:同一地域・同一業種・同一規模の会社の役員報酬と批准
*3 功績倍率   :役員退職金規定で決めておく。1例として下記の通り。
会長 社長 専務 常務 取締役 監査役
3.0 3.0 2.5 2.3 2.0 2.0
*4 功労加算金  :役員退職慰労金の30%まで
弔慰金
業務上の死亡の場合 : 弔慰金 = 適正報酬月額(最終報酬月額) × 36ヶ月分
業務外死亡の場合  : 弔慰金 = 適正報酬月額(最終報酬月額) × 6ヶ月分
適正な弔慰金は、法人にとっては損金算入できます。
遺族にとっては非課税(相続税対象外)になりますので、死亡退職金と分けて払うことがポイントです。
*実際には、
死亡退職金 弔慰金 事業保障資金 事業承継資金 保険金額の目安
になります
見積もり作成は無料です
お見積もりのご依頼はこちらから
(ご依頼が多いため、当社からのしつこい営業は一切できません。ご安心下さい。)
TOPへ
当ホームページは生命保険の募集補助資料としてご覧いただくものです。掲載されている情報は、執筆時の法令と一般的な事例に基づいており、法改正等に対応できていない場合や、具体的な事案に当てはまらない場合があります。当サイトの情報を下に行った行為については、当サイトの管理者である保険研究所は一切の責任を負いませんのでご了承ください。また、保険加入のご検討については該当商品の「パンフレット」「契約のしおり・約款」を必ずご覧下さい。税務に関しては、顧問税理士や税務署にご確認ください。
生前退職金対策
死亡退職金対策
事業保険資金対策
事業承継相続対策
 経営者保険研究所TOPに戻る
HOME 勧誘方針 プライバシーポリシー 会社案内
個人向け火災保険 個人向け医療保険
copyright 保険研究所 All Rights Reserved.