HOME 無料一括見積り お問い合わせ お気に入り
企業向け火災保険研究所 法人ファイナンシャルプランナーが解決します 0120-159-632 info@11bic.com
経営者保険 企業向け火災保険 福利厚生保険 PL保険 無料一括見積り
海上保険 個人情報漏洩保険

簿価・新価・時価って何?(比例てん補の恐ろしさ)
火災保険は「時価」「簿価」「新価」のどれで入ればいいかわかりますか?
と経営者の方に伺うと、

「簿価」でいいんだろ?

という答えがよく返ってきます。

正解は、「時価」か「新価」です。

簿価 → 帳簿価格の事です。
新価 → 同等の物を新しく買い直した時(建て直した時)にかかる費用です。
時価 → 新価に経年減価を掛けた金額です。
(月日が経つ事による減価を考慮した金額です。)

これを間違えて契約していると、いざ災害が起こった時に一大事です。
「支払われた保険金が思っていたよりも少なくなってしまった。」
という話も冗談ではありません。
 
比例てん補の恐ろしさ!

A社では下記の金額の機械を1台所有していました。

簿価 → 1,000万円
時価 → 5,000万円
新価 → 7,000万円

火災保険(普通火災保険)に簿価の1,000万円で加入していた所、火災になり機械の半分が燃えてしまいました。

損害額は時価で2,500万円。社長は「1,000万円しか入っていなかったけど1,000万円でればいいか」と思っていましたが、火災保険は時価か新価で入るべきものです。実際には以下のような支払方法になります。

1,000万円/5,000万円×2,500万円= 500万円

2,500万円−500万円=2,000万円の損失!

これが比例てん補です。企業経営にとって重大な問題です。

災害後に「なんで500万円しかでないんだー」と叫んだ所で後の祭り。
どうにもなりません。
契約時に保険金額(補償額)をきちんと決めないと大変な事になりますよ。

お見積もりのご依頼はこちらから
法人専任ファイナンシャルプランナーが語る 企業向け火災保険ポイント5
保険料はこんな方法で70%削減!?
簿価・新価・時価って何?
(比例てん補の恐ろしさ)
建物・機械等の評価の重要性
企業は地震保険に入れるの?
保険料削減実例
 火災保険研究所TOPに戻る
HOME 勧誘方針 プライバシーポリシー 会社案内
個人向け火災保険 個人向け医療保険
copyright 保険研究所 All Rights Reserved.