HOME 無料一括見積り お問い合わせ お気に入り
企業向け福利厚生保険研究所 法人ファイナンシャルプランナーが解決します 0120-159-632 info@11bic.com
経営者保険 企業向け火災保険 福利厚生保険 PL保険 無料一括見積り
海上保険 個人情報漏洩保険

総合福祉団体定期保険
総合福祉団体定期保険は他の福利厚生目的保険と何が違うの?
死亡退職金、弔意金の準備
病気・けがを問わず、仕事中に限らず24時間、国内に限らず海外でも、死亡・高度障害の保障を確保できます。福利厚生規定の財源としてご活用頂けます。
配当金をなくし保険料を割安にできる!?
総合福祉団体定期保険は通常配当があり、1年毎に収支計算を行い余剰金があると配当金が支払われます。
この配当金をはじめからなくし、保険料を安くした無配当総合福祉団体定期保険が一部の保険会社で扱われています。
様々な条件で割引率は変わりますが、10〜30%程度変わるようです。1年間のトータルコストでどちらが安くなるかは、計算してみないとわかりませんが無配当の方が安くなるケースが多いです。
また、無配当の方が加入時に年間保険料が確定するので予算を立てやすいです。
保険料全額を損金処理!
会社が従業員のために負担した保険料は福利厚生費として損金算入できます。
  (法人税基本通達9-3-5)
医師の診査が不要!
通常医師の診査はなく、告知のみで申込できます。
保険料が変わる?
保険料は、年齢・性別だけではなく、全体の合計保障額によっても変わります。そのため保険料はお見積りをご依頼願います。
見積もり作成は無料です
お見積もりのご依頼はこちらから
(当社からのしつこい営業は一切いたしません。ご安心下さい。)
一括見積りご利用にあたって
相談は無料ですか?
一括見積りのお見積り料・相談料は等は一切不要です。安心してご利用下さい。
しつこいセールスが心配です!
強引なセールスは一切ありません。できる限りわかりやすくご説明するのみで、ご決断は御社にお任せしております。
何社の見積りがきますか?
認定代理店は複数の保険会社を扱っております(最大40社前後)。しかしすべての見積りをご提示すると、御社の時間の無駄になります。 また環境保全のため紙の無駄遣いも避けたいので、商品内容や保険料等から検討し、上位数社を選択してご案内しております。
福利厚生のための保険にはどんなものがある?
なぜ福利厚生のための保険は必要か?
労災事故の現状
団体傷害保険
養老保険
総合福祉団体定期保険
建設業向け労災上乗せ保険
政府労災保険特別加入制度
中小事業主
一人親方
 福利厚生保険研究所TOPに戻る
HOME 勧誘方針 プライバシーポリシー 会社案内
個人向け火災保険 個人向け医療保険
copyright 保険研究所 All Rights Reserved.