HOME 無料一括見積り お問い合わせ お気に入り
企業向け福利厚生保険研究所 法人ファイナンシャルプランナーが解決します 0120-159-632 info@11bic.com
経営者保険 企業向け火災保険 福利厚生保険 PL保険 無料一括見積り
海上保険 個人情報漏洩保険

団体傷害保険
傷害保険はどこで入っても同じ と思っていませんか?
最近は色々な商品がでています。保険料も大きく違います。
保険料を下げるテクニックが色々あるんです。
ニーズをきちんと把握して、自社にあった商品を選びましょう。
他の福利厚生保険との違い
政府労災保険の認定を待たずにお支払いできます
支払いが政府労災保険の前か後かは、福利厚生・企業防衛どちらの面から見てもとても大きな違いがあります。
無記名(人数式)で加入できます
人の増減、入れ替わりがあっても報告の必要がありません。
保険料は全額損金処理可能です
従業員全員(事業主・役員含む)のために負担する保険料は、全額が損金扱いとなります。
法人税基本通達9-3-5、9-3-6の2を準用 2012年12月現在
 
団体傷害保険 色々な特徴(商品により異なります)
地震によるけがも補償!
仕事中の地震によるけがは労災認定されるようになりました。という事は、地震が原因であっても会社として対策が必要ということ。団体傷害保険は、天災危険担保特約を付けておかないと地震による補償がつきませんので要注意です。
“精神疾患による自殺”“過労による脳疾患”も対象!?
一般的な団体傷害保険では対象外の上記原因でも対象になる商品があります。(死亡・後遺障害補償)(労災認定が必要)労災認定されるケースが増えてきているので大きな特徴です。
誰が対象?
従業員はもちろんですが、役員・派遣社員・下請け・製造業の構内下請けまで対象にできる商品があります。
病気も補償?
一般的な団体傷害保険は病気死亡・病気入院は対象外ですが、一部補償することができる商品があります。無記名で病気の補償ができる変わった商品です。
誰から渡す?
一般的には保険会社からけが人(遺族)に直接支払われますが、会社が受け取り、会社から見舞金のような形で払うことができる商品もあります。また、死亡保険金の一部を会社に残すことのできる商品もあります。
使用者賠償特約
高額賠償に備えて、賠償特約を付帯できる商品も増えてきています。高額判決が相次いでいる昨今、必須の特約といえます。
大企業のようなサービス!?
うつ病かも?対人恐怖症? 精神疾患は患者数が爆発的に増え社会的に認知されました。
このような場合に相談できるメンタルケアカウンセリングサービス、電話で24時間できる健康相談サービス、また病気やけがのセカンドオピニオンサービスが付帯される商品もあります。
熱中症、日射病でも?
熱中症や日射病でも対象になる商品もあります。
24時間補償?
就業中や通退勤途中だけではなく、24時間補償に変更できる商品もあります。

“精神疾患による自殺” “過労による脳疾患”も対象か? 一般的な団体傷害保険では対象外の上記原因でも対象になる商品があります。(死亡・後遺障害補償)(労災認定が必要) 労災認定されるケースが増えてきているので上記は大きな特徴です。

保険料は補償内容によって異なるのはもちろんですが、同じような補償でも 保険会社や商品によって異なります。お問い合わせください。
見積もり作成は無料です
お見積もりのご依頼はこちらから
(当社からのしつこい営業は一切いたしません。ご安心下さい。)
一括見積りご利用にあたって
相談は無料ですか?
一括見積りのお見積り料・相談料は等は一切不要です。安心してご利用下さい。
しつこいセールスが心配です!
強引なセールスは一切ありません。できる限りわかりやすくご説明するのみで、ご決断は御社にお任せしております。
何社の見積りがきますか?
認定代理店は複数の保険会社を扱っております(最大40社前後)。しかしすべての見積りをご提示すると、御社の時間の無駄になります。 また環境保全のため紙の無駄遣いも避けたいので、商品内容や保険料等から検討し、上位数社を選択してご案内しております。
福利厚生のための保険にはどんなものがある?
なぜ福利厚生のための保険は必要か?
労災事故の現状
団体傷害保険
養老保険
総合福祉団体定期保険
建設業向け労災上乗せ保険
政府労災保険特別加入制度
中小事業主
一人親方
 福利厚生保険研究所TOPに戻る
HOME 勧誘方針 プライバシーポリシー 会社案内
個人向け火災保険 個人向け医療保険
copyright 保険研究所 All Rights Reserved.